くせ毛は嫌だ、髪のくせ毛対策

 

私の両親は2人ともくせ毛なので、私もその性質を受け継ぎました。くせ毛の人は、特に梅雨時期になると、髪ははねて、広がって、うねるという最恐コンボに悩まされます。

 

学生時代はストレートヘアアイロンで対策をしていましたが、お昼にはその効果もなく大変なことになっていました。

 

社会人になってからの数年間は、2万円近くの大金をはたいて、縮毛矯正のストレートパーマを半年に一度かけていました。

 

縮毛矯正のストレートパーマはとても快適で、かけ続けている間はよいのですが、あまりに高いので最近はかけなくなりました。

 

生まれつき髪がまっすぐだったら、悩むこともお金がかかることもないので、どんなに幸せだったか、直毛の人はずるいといつも思っていました。

 

私は対策として、髪を肩以上伸ばして結べるようにしています。結んでしまえば髪がうねることも、広がることもかなりごまかせます。

 

お風呂でのヘアトリートメントは欠かせないので、必ずするようにしています。コスト削減のため、市販のストレートパーマ液をドラックストアで購入し、3か月に一度かけるとかなり効果があります。

 

市販のものは痛むし、うまくかからないというのは幻想で、自分に合う商品があれば試してみることをおススメします。前髪はストレートアイロンで伸ばし、スプレーで固めるとよいです。

 

くせ毛の特徴を生かし、前髪以外はコテで巻くことで、まるでゆるいパーマをかけたように、おしゃれに見えるようにもしています。

 

くせ毛のスタイリング方法

極度のくせ毛ってどうしたらいいのか?
私自身も生まれつき極度のくせ毛で悩んでいましたが、現在は色々なスタイリングもありコテを使って巻いたり、あえてパーマをかける方もいます。

 

くせ毛をまっすぐにしようとすると縮毛矯正やストレートアイロンなどがあります。しかし、ここ最近では縮毛矯正のようなピーンしたと直毛でボリュームのないぺたんとしたヘアスタイルよりも、ゆっるとふわっとしたボリューム感のあるヘアスタイルの方が人気があります。

 

またアイロンで伸ばそうとしてもくせ毛の方は美容師のようにきれいなストレートヘアを作るのは難しく、なかなか上手くいきません。かえってパサつきが目立ち梅雨など季節によっては湿気を含みかえって広がりが酷くなります。

 

そんなくせ毛も忙しい朝も時間いらずのパーマ風ヘアにすることができます。ヘアセットは簡単に、パーマ戻しのスタイリング剤や軽く髪の毛を濡らしワックス、ムース、ジェルなどを使ってセットするだけでパーマ風のヘアスタイルが簡単にできてしまします。

 

ここ最近では、ウエットな質感が出るジェルタイプがオススメですが、中には髪が固まったり、ワックスのベタつきが苦手な方にはムースがオススメですがボリュームがあると広がりがおさえきれなかったりもします。

 

くせ毛の程度や量によってショート、ロングどちらの方が自分の髪質に合っているのかどのスタイリング剤がいいのか是非美容師さんに相談してみてください。
また、くせ毛は髪自体が傷んで悪化している場合もあります。その場合、育毛剤 女性用など髪と頭皮に栄養を与えてくれるケアグッズを使うこともおすすめです。

 
更新履歴